はじめての三重県 | 工房DAISHI

2016/05/28 01:50

先日はお休みをいただき、ありがとうございました。
伊勢志摩サミットが開催されていた三重県に行ってまいりました。

と言っても、伊勢に行ったわけではなく、
津駅からバスで50分ほどの山の中で芝居を観てきました。

前芝居の開演時間が近付き、
いそいそとお客さんが集まってくるのですが、
そのほとんどが地元の人。
「これから何が始まるんやろ」という
そわそわした空気が広がります。
縁日って、こんな感じ?


芝居の中で、本物の鴨が登場すると、
「わ、鳥!」
「ねぇ、生きてるよ」
「本物だ!」

地元のお客さんが、とっても素直なリアクションをするんです。
東京では体験できない一体感!
わざわざ観に行った甲斐がありました。

で、東京に戻ってきて、インタビューの書き起こしのお仕事をしたり、
品切れのスタイを増産したり。

今は、頼まれている制作物と格闘中。
つくったこともないし、難易度も高いしで、泣きそうです。

お食事エプロンが品切れのままですみません。
お急ぎの方は遠慮なく催促してくださいませ〜。